コラーゲンの研究の歴史について

  • 代引き手数料無料
  • 定期便なら送料無料

美肌・健康コラムコラーゲンコラム

もっとコラーゲンを知りたい方へ。コラーゲンとはどんなものなのかご説明します。

コラーゲンの歴史

1960年1月26日、“コラーゲンの日”
「コラーゲン」の歴史は、この日に花開きました。

みなさんは、1月26日が「コラーゲンの日」ということをご存知ですか?

今では、身の回りのものにコラーゲンが当たり前のように使われているのは、1960年のこの日に大発見があったからなんです。
その大発見とは、「コラーゲンの可溶化」。つまり、コラーゲンを水に溶かす技術です。
当時、専門家の間ではコラーゲンは「水に溶けない」とされていました。

「コラーゲン」の歴史
「コラーゲン」の歴史

こちらが、水に溶かす前のコラーゲンです。
白いふわふわした繊維状で、確かに水に溶けそうには見えないですよね。
それを、日本皮革研究所(今の株式会社ニッピバイオマトリックス研究所)の研究員であった西原富雄博士が、トリプシンとペプシンという酵素を用いることで完全に溶かせる!という事実を発見し、特許を出願したのです。(特許番号:第306922号)
その特許を出願した1月26日を記念してニッピが制定し、一般社団法人記念日協会に登録されています。
食品や美容、医療など幅広く用いられているコラーゲンが、私たちの生活のなかにさまざまなかたちで活かされているのは、西原博士の功績があるためだということを、覚えていただければうれしいです。

西原 富雄 博士(にしはら とみお)

1949年ニッピ入社
1956年のハーバード大学留学以降、世界のコラーゲン研究の先駆けとして国内5、海外33の特許を取得。
享年43歳

西原 富雄 博士

コラーゲン研究の歩み

1930年代 コラーゲン構造のX線散乱による研究
Corey and Wyckoff J. Biol. Chem. 114,407-(1936)
Bear JACS 64,727-(1942)
1948年 コラーゲン線維の規則的な縞模様(電子顕微鏡観察)
Gross and Schmitt J,Exp.Med.88,555-568(1948)その他多数
1952年 プロリンヘリックス構造の提案
Cochran Acta Crystallogr 5,581-(1952)
Cochran And Bear, JACS 75,2783-(1953)
1954年 コラーゲン3本螺旋構造の提出
Ramachandran and Kartha Nature 174,269-(1954)
1955年

コラーゲン螺旋構造の研究
Crick and Rich Nature 176,780-(1955)
Ramachandran and Kartha Nature 176,593-(1955)

コラーゲン線維が一定のユニット分子からなるという概念の提出
この概念上のユニットをTropocollagenと命名
GrossらPNAS,41,4-(1955)

unitの実在の証拠提出
Nishihara and Doty(1958 PNAS44,411-)

1960年 コラーゲンケーシング naturin ドイツ
1965年 動物由来コラーゲン分解酵素をオタマジャクシより発見
Gross. Nagai PNAS 54,1197
1969年 軟骨型(Type II)コラーゲンの発見 コラーゲンは一種類でない
Miller EJ ProNAS 64:1264-1268
1971年

プロコラーゲンの発見
Bellamy and Bornstein Pro. Natl. Acad. Sci. USA 68,1138-(1971)

Type III の発見
Miller EJ BBRC 42:1024-1029

1973年 Type IVの命名
Kefalides Int. Rev. Connective tissue Res. 6,63-(1973)
1976年 Type Vの発見
Burgeson RE, ProNAS 73:2579-2583 1976
Chung E BBRC 71:1167-1174 (1976)
1985年 コラーゲン遺伝子配列(α2 type I)の決定。当時としては一番長い配列
Boedtker, Finer and Aho, NY Acad Sci. 460,85-(1985)
1987年 コラーゲンの細胞受容体(インテグリン)発見
Wayner, Carter J Cell Biol. 105,1873-(1987)
1991年 ラミニン5の発見(integrin a3b1に結合)Carter WG ら
1992年 Focal adhesion kinaseの発見
Shaller ら J Biol Chem 89, 5192-(1992)
1994年 細胞膜上のコラゲナーゼ発見
Seiki, Nature 370,61-65 (1994)
1997年 18型コラーゲン(エンドスタチン)がマウス癌治療に驚異的な力を持つ
O'Reilly, Folkman ら Cell. 88,277-(1997)
2000年 インテグリンのコラーゲン結合部位特定
Knight CGらJ Biol Chem. 275,35-(2000)

このページのトップへ

ニッピにおけるコラーゲン開発および研究

1959-62年 コラーゲン分子のペプシン等酵素による可溶化成功
Collagen symposium II
Collagen symposium III, 66-93(1962)
(ニッピ 西原 特許1960年出願63年登録、アメリカ登録1964年)
1962年 再生コラーゲン線維開発開始(C,S)
1969年 コラーゲンのアルカリによる可溶化
(ニッピ 藤井 特許1971年Hoppe Seyler Z Physiol Chem.1969 350,1257-65)
1970年 コラーゲンケーシング製造本格化
1972年 化粧品用コラーゲン入りクリーム (ニッピ-米国大手化粧品メーカー)
1974年 コラーゲン創傷被覆剤 (明治製菓-ニッピ)
その他、縫合糸、人工腎臓、人工血管、人工角膜、止血剤への応用)
1978年 医療用コラーゲンペプタイド製造
1986年 スキンケアクリーム製造開始
1988年 ニッピコラーゲン化粧品 設立
1998年 牛コラーゲンDNA配列(α2 type I)の決定
Shiraiら Matrix Biol. 17,85-(1998)
1999年

加齢に伴う牛皮膚組織コラーゲンの抽出性の研究
Connective Tissue31,17-23(1999)

アルカリ可溶化コラーゲンの細胞接着活性など
J.Biochem.125,676-684 (1999)

コラーゲン線維形成機構
J.Biochem.126,54-67 (1999)

ゼラチンアレルゲン性の研究
J Allergy Clin.Immunol 104,695-699,
J Allergy Clin.Immunol 110,652-(1999)

2000年

テロペプタイドの除去とコラーゲンの安定性
J.Biol. Chem. 275,25870-25875

コラーゲン特異的糖化産物CMA発見
Biochem J. 347, 23-(2000)

2001年 ゼラチン食と骨密度の関係の研究(動物実験)
J. Nutr, Sci. Vitaminol. 47,84-(2001)
2002年 コラーゲン線維と細胞死
Exp.Cell Res. 280,255-269

このページのトップへ

初めての方へ

会員の皆様へ

続けるなら便利でお得な「コラーゲン定期便」です。

コラーゲン定期便

お電話でのご注文はこちら

オペレーター対応(フリーダイヤル)

0120-30-3232

平日 9:00〜19:00 / 土日祝 9:00〜17:00

欲しい商品をすぐ購入!

便利でお得!
「コラーゲン定期便」

  • 配送手数料が
    無料
  • 他の商品と
    一緒でも無料
  • 注文の手間が
    かからない

はじめての方へのお試し品

はじめての方には
送料無料・低価格のお試し品を
ご用意しています。

便利でお得なサービス

  • 会員ステージに応じて
    ポイント付与!

  • お役立ち情報満載の
    メルマガを配信

  • 代引き手数料が無料!

  • 返品OK!

目的から商品を探す

テレビCM放映中!

  • 美肌健康レシピ ウー・ウェンの美食同源
  • 簡単おもてなし料理コラーゲンレシピ帖

もっとコラーゲン 美肌・健康トピックスBeauty&Health Topics

ニッピコラーゲンの品質brand history

PAGE TOP